BMWのバッテリー上がりで鍵(スマートキー)があるのに開かない!

鍵屋KOロックのお勧めポイント6点を紹介電話番号(0120-524-169)➿フリーダイヤルで無料見積り➿

BMWの鍵があるのに開かない依頼

こんにちは鍵屋KOロック「ケーオーロック」です☆

今月もまだまだ忙しい繁忙期!の予定だったのですが、ここ数日一気に仕事が落ち着いて激暇💦と思っていたら今日の午前中いきなりイモビラッシュが来て夜まで相方スタッフは1日動けない状態に。

お盆の影響もあるのか仕事の入り方が全く読めません☠️

 

さて今回は、BMW6シリーズの鍵(スマートキー)はあるのに鍵が開かない案件に出張してきましたのでその紹介✍

最初の全体写真だけ撮り忘れたのでWikipediaから拝借。

BMW 6シリーズ|Wikipedia参照
BMW 6シリーズ|Wikipedia参照
今回のBMWの事前情報
  • バッテリーが上がっている状態
  • スマートキーは手元にある
  • リモコンやスマート機能は当たり前に無反応だが、スマートキーに内蔵されている非常解錠用の鍵「メカニカルキー」を使っても無反応
  • 鍵穴は運転席側「右ハンドル」のみ

来ました!年に何回かある鍵があるのに開かない案件。これ僕の経験上ハマることが多いんです(TT)

ドア枠の隙間から何かしらの方法で鍵を開けるしかないため、お客様(車屋さん)には電話の段階でドアやドア枠に若干の傷や歪みが生じる可能性を伝え、『それでも構わないです!』と承諾頂けたのでお伺い🚙💨

メカニカルキーで開かない

現場に到着し、お客様からお借りしたスマートキーに内蔵されているメカニカルキーを試しますが本当に開かない。

左右どちらも90度までカチャカチャ回りはするのですが、手応えがなくスカスカしてるような感覚?

BMWこれ多くないですか!?過去に僕も相方スタッフも何度かこの症状に当たっています💦

ちなみに相方スタッフは何十回もカチャカチャ回していたら突然何かが引っ掛かった感触があり、そのまま解錠できたってことを聞いたためひたすらカチャカチャするも今回は開かず☠️

これではピッキングで鍵穴を回しても開かないため、次の作業へ移行します!

車内側のドアレバーを引くが開かない

鍵穴をどうこうしても開けることは出来ないため、車内(室内)側を攻めることに!

ただし今回のBMWはボタン?スイッチ?的なのを上から下に面一まで押し込んで施錠するタイプのため、日本車のように差し金でサクッと解錠なんて方法が使えません💦

よってドア枠の隙間から特殊な道具を突っ込み、車内のドアレバーを引いて開ける作戦に。尚、今回のBMWは普通の車と違ってドア枠部分が直接ガラスだったので、かなり慎重に空気圧で隙間を作りました。

んで作業した結果、車内側のドアレバーを何回引くもドアは開かず。かなり力を加えてこれ以上引けないよね?て位置まで引くも開きませんでした💦

ただしドアレバーを引くと車内から施錠する際に押すボタンがピョコピョコと上がろうとするため、バッテリーが上がっていなければ本来はこれで開いたのかもしれません。

鍵穴を弄っても車内のドアレバーを弄ってもドアが開かない!完全に詰みました…(TT)

これはまさに半年ほど前に作業した【ジープ】の時と同じ。ん?そう言えばあの時はボンネットを開けてバッテリーを繋いだら鍵が開きました。

最後の望みを掛けてボンネット解錠を試すことに!!

BMWのボンネット解錠

今回のBMWのボンネットオープナーは運転席(右ハンドル車の場合)の右下辺り。お客様がネットで調べて下さいました♪

BMW6シリーズのボンネットオープナーの位置
BMW6シリーズのボンネットオープナーの位置

トランクオープナーの下にある【しゃもじ】みたいのがボンネットオープナー。しゃもじの手で持つ辺りを手前にクイッと引けばボンネットが開きます!

ただしこれは分かりやすいよう横から撮影したもの。実際はドア枠からほぼ垂直に見るためこんな感じ?

BMWのボンネットを開けてドアを解錠する作戦
BMWのボンネットを開けてドアを解錠する作戦

この写真も明るくして撮影したので、実際は真っ暗の中の足元付近のためほぼ見えません💦💦

また普通の差し金では長さが全く足りないため、ジープの時と同じように2つの差し金をぐるぐる巻きにして延長!準備は整いました!

お客様が少しでも車内を見やすいようにとライトを持って下さったので、僕はひたすら差し金をこの辺?って場所にグイグイ入れます。

で、思ったより早くボンネットオープナーに引っ掛かってんじゃない?って位置にいったため、ゆっくりと差し金を引いていきます。

すると、『ボンッ!』と勢いよくボンネットが開きました!しゃー!開いたー!!

と喜びましたがまだ開いたのはボンネットのみ。

バッテリー復旧でドアを解錠

今回のお客様は車屋さんでバッテリーも準備して下さっていたため、すぐにバッテリーを繋いで頂きます。

バッテリーを繋いでBMWの鍵を開錠
バッテリーを繋いでBMWの鍵を開錠する作戦

が、特に何も起こらず…。

そんなー(TT)と絶望しかけましたが、再度バッテリーを繋ぎ直してみたら車内ランプが点灯!長い期間放置していたためバッテリーが弱っていたみたいです。

それは良いとして急いでスマートキーのアンロックボタンを『ポチッ!』。すると鍵が『ガチャッ!』。そのままドアレバーを引くとドアが開きました!!

バッテリー復旧からのスマートキー操作でドアを解錠
バッテリー復旧からのスマートキー操作でドアを解錠

今度こそしゃーーー!!

お客様と『いやー痺れましたねー!!』と大喜び(^^)

バッテリー上がりは危険

とりあえず何とかBMWの解錠に成功した訳ですが、今回のことも今後のことも兼ねて検証。

まず非常解錠用の鍵「メカニカルキー」ですが、バッテリーが復旧した状態でも施錠解錠どちらも無反応。これではメカニカルキーの意味がありません💦

お客様(車屋さん)は後で詳しく調べて修理に出すとのことでした。

お次は何度引いても開かなかった車内側のドアレバー操作ですが、バッテリーを繋いだ状態で車内のドアレバーを引いたところ1回目で解錠。2回目でドアが開きました

要するにこれはバッテリーが生きてないと使えない手法。今回のBMWが不具合でそうなっているのか標準機能なのかは不明ですが、これ標準機能だとしたらとんでもなくやばい危険です。

※後で調べたところ恐らく標準機能

どこかの鍵屋さんもブログに書いていましたが、もし車内でエンジンをつけずに車内ランプやらを付けたまま眠ってしまってバッテリーが上がった場合、1人では車外に出ることが出来なくなくなります。

バッテリーが上がっているとドアレバーを引いても解錠できないし、ボンネットオープナーを引いてボンネットを開けても自分1人では外に出れないため通電できない。

最悪は自分の体が通れるほど窓ガラスを割れば脱出可能ですが、車内側から人間1人が通れるサイズの窓ガラスを割るのは簡単ではないでしょう。男性・女性・年齢層・車内に何を積んでるのかによっても変わるとは思いますが、高齢の方では正直かなり厳しいと思います。

同様の症状でガラスを割って車外に脱出したものの、手がズタズタになったという記事も出てきました。

また時期によっては車内温度は地獄。バッテリーが上がっているため冷房暖房も使えないし、下手したら人が亡くなる危険さえあります。

イレギュラーなことで言えば万が一津波がきたら、もし海や川へ落ちたら。

メーカーはすぐに対策するべき事案でしょう。

費用・作業時間・対応エリア

BMWの解錠作業の場合、使われている鍵の種類・解錠方法によって費用や作業時間が変動します。

●ピッキング開錠「ギザギザキー」
費用:総額¥1万5千円+消費税
時間:作業時間は平均5〜10分前後

●ピッキング開錠「ウェーブキー」
費用:総額¥1万8千円+消費税
時間:作業時間は平均5分〜15分前後

●ドアの隙間から解錠「鍵の形状問わず」
費用:総額¥1万8千円+消費税
時間:作業時間は平均10分〜1時間

●出張対応エリア
基本的な出張対応エリアは千葉県|茨城県|埼玉県の一部ですが、別途出張費を頂戴できるのであればその他近郊もお伺い致します。

※格安の『¥○○円〜』で集客し、現場で超高額請求をするトラブルが後を経ちません。電話で費用を曖昧にする業者にはご注意ください。

弊社では開かなければ完全¥0円

当たり前ですが、弊社ではお伺いしても万が一解錠出来なかった際は出張場所に関係なく完全¥0円。お代は¥1円も頂きません。

これが「普通」と弊社は思っいるのですが、今回のお客様は以前ポルシェをインロックして某鍵屋さんに依頼。しかし作業するも技術的に解錠することが出来ず。

お客様も諦めて別の業者を探すかと思っていたら、開けられなかった鍵屋さんがお客様に対してまさかの¥10万円超えを請求。解錠は出来なかったがここまでの作業費・出張費・基本料金など含めた費用らしいですが正直バカげています。

この手法が成り立つのであれば、鍵の知識も技術も全く無い素人を現場に行かせても毎回¥10万円の売上を立たせることが可能になります。

お客様もさすがに怒って帰ってもらったと言っていましたが、正直上記のやり方でぼったくりを働く悪徳業者は関東にたくさんいます。本当にたくさん。

大手だから安心・全国展開だから安心なんてことはありません。上記の鍵屋さんのホームページも全国展開で芸能人を起用していたとお客様が仰っていました。

鍵トラブルが起きた際はどうしても焦ってしまうと思いますが、業者選びを誤ると更に別のトラブルに巻き込まれます。

「作業してもらうと総額いくらなのか・最低金額ではなく上限金額はいくらなのか・解決出来なかった際に費用は¥1円でも発生するのか」

上記の質問に答えられない若しくは曖昧にしてくる業者にはご注意ください。トラブルを解決できなくても、¥10万超えを請求してくる可能性があります。

 

電話番号(0120-524-169)➿フリーダイヤルで無料見積り➿