悪徳ぼったくり鍵屋が急増中!最低料金『¥○○円~』だけの案内にはご注意を!!

錠前ケースの故障不具合でドアが開かない?|修理や交換に出張対応!

錠前ケースの故障不具合でドアが開かない?|修理や交換に出張対応!

鍵屋KOロックに電話する➿まずは電話で無料お見積り➿

錠前ケースの故障不具合

こんにちは鍵屋KOロック「ケーオーロック」です!

ここんとこ何故か錠前ケースの故障不具合に関する案件が続きましたので、その内の1件をご紹介させて頂きます✍

まずは作業前の写真がこちら。

錠前ケースの不具合でドアが開かない
錠前ケースの不具合でドアが開かない

MIWA製プッシュプル錠の錠前不良。外側からは問題ないものの、内側からドアを開けようとすると全く開かないから何とかして欲しいとご依頼頂きましたm(_ _)m

鍵の開け閉めは問題ないという点から原因は【ラッチ機能】が原因ですね。実際、室内側のプッシュプルを押してもラッチが微動だにしない💦

分解洗浄してようやく動くようにはなりましたが、それでもたまに引っ掛かります。

MIWA製プッシュプル錠の故障不具合
MIWA製プッシュプル錠の故障不具合

お客様と相談した結果、『また開かなくなって怖い思いしたくないから交換できるなら交換して完璧に直して欲しい』とのことから問屋へすぐに部品発注!

MIWA製の錠前ケースを交換

数日後、部品が届いたので再度交換にお伺いしてきました🚙💨

ちなみに今回よくある錠前ケースだと思っていたら新日軽+MIWAのコラボ錠前。一般的なYKK+MIWAよりフロントサイズが数mm小さくなるのですが、それだけで費用が倍以上変わるという💦

フロントはどちらも【PESP】とだけ記載されてるようなので、このタイプを購入される方はお間違えないようご注意下さいm(_ _)m

届いた部品がこちら。

新日軽+MIWAのPESP錠前ケースを発注交換
新日軽+MIWAのPESP錠前ケースを発注交換

右が既存の古い方で、左が発注して届いた新品。遠近法で新品のが小さく見えますが全く同じサイズですw

新品に交換したら後がこちら。

錠前ケースの故障による交換作業
錠前ケースの故障による交換作業

当たり前ですが、ラッチが一切引っ掛かることなくスムーズに開け閉めできるようになりました♪

これで安心ですね(^^)

古い錠前は研究材料

古い錠前ケースは捨てちゃってー。とのことだったので、持ち帰って内部構造のお勉強!

これネジ外して蓋を開けるとバネの力で部品が簡単に飛んじゃうタイプ。錠前ケースはこれがあるから嫌ですね💦

ここかな?と組み立てて何とか元通りにできました😅

PESPの錠前ケースを分解して勉強
PESPの錠前ケースを分解して勉強

費用・作業時間・出張エリア

費用

●錠前ケースの交換に掛かる費用は使われている鍵メーカー・型番・冊子メーカーで仕入れ値が何倍も変わるため掲載は難しいのですが、総額¥2万円〜¥3万円+税で作業することが一番多いです。

●錠前ケースの修理に掛かる費用は総額¥8千円〜¥1万5千円+税ですが、部品の摩耗や破損によっては交換が必須になる場合も御座います。

※出張エリア・夜間早朝でも費用が異なるため、詳しくは電話にてお問い合わせ願います。

※お電話を頂いた後、メールにて鍵部分の内側・外側・側面の写真を送って頂ければ大抵はお見積り可能です。

作業時間

●作業時間はどの型番も平均10分〜20分前後ですが、錠前ケースの型番によっては今回のように発注が必要になるため納期が発生します。

納期は問屋に在庫があるか否かでも変動するため、実際に調べるまでは分かりません💦調べて折返しお伝えさせて頂く流れになります。

出張対応エリア

●出張エリアは千葉県|茨城県|埼玉県の一部。

※東京都内や遠方出張は行っておりません。

 

最後に、鍵や錠前の交換をご自身(DIY)でやられる方もいらっしゃいますが、交換が完了するまでドアは絶対閉めないようご注意下さい。

より高い出費になる可能性がございます💦

関連記事→自分で鍵交換する際の注意点とは

 

 

鍵屋KOロックに電話する➿まずは電話で無料お見積り➿