悪徳ぼったくり鍵屋が急増中!最低料金『¥○○円~』だけの案内にはご注意を!!

シエンタ(平成30年式)の鍵を紛失したことによるスマートキー作製

シエンタ(平成30年式)の鍵を紛失したことによるスマートキー作製

鍵屋KOロックのお勧めポイント6点を紹介鍵屋KOロックに電話する➿まずは電話で無料お見積り➿

グーグルマップからのご依頼

こんにちは鍵屋KOロック「ケーオーロック」です☆

最近になって意識し始めたグーグルマップですが、気付けば5日連続でグーグルマップからご依頼に!口コミを見て選んで下さるお客様が増えてきました!

投稿して下さったお客様も、選んで下さったお客様もありがとうございます(^^)

ちなみにネットで順位を上げることを【SEO】と呼ぶのに対し、グーグルマップで順位を上げることは【MEO】と呼ぶそうです。

難しいそうですがおじさん頑張ります!!

平成30年式のシエンタのスマートキーを全紛失

さて今回は、またまたデータが抜けない新しいトヨタ車のスマートキー作成に出張してきましたのでその紹介✍

尚、シエンタは他にも複数記事をアップしているため、今回はサラッと書きます😅

まずは実際の車両がこちら。

トヨタ シエンタ(平成30年式)のスマートキーを全紛失
トヨタ シエンタ(平成30年式)のスマートキーを全紛失
車両情報
  • メーカー:トヨタ
  • 車種:シエンタ
  • 年式:平成30(2018)年式
  • 型式:170系
  • 鍵穴:内溝キー/ウェーブキー
  • 防犯:イモビライザーあり
  • エンジン始動方法:プッシュスタート

スマートキー登録

シエンタも他のトヨタ車と同様に、平成29年式の途中からデータの吸い上げが出来ないよう対策されております。今回の平成30年式もダメ元で試しましたがやはりデータは抜けず!

データを抜けないとサクッと登録とはいきませんが、新しく発見した方法で問題なく登録が可能です♪

もちろんディーラー様と同じ内装バラシ+コンピューター交換でも復旧出来ますが、この方法だと費用も時間も掛かるため基本やりません。

今回も新しい登録方法で問題なく登録完了!無事にエンジン復旧しました(^^)

シエンタ(H30年式)の鍵紛失によるスマートキー登録作製
シエンタ(H30年式)の鍵紛失によるスマートキー登録作製

その場でメカニカルキー作製も

バッテリー上がりやスマートキーの電池切れが起きた際、ドアの鍵を開け閉めするのに必要なメカニカルキー「非常開錠用の鍵」もお伺いしたその場で作製可能です。

鍵番号が分からなくても作れますのでご安心ください♪

シエンタの鍵紛失によるメカニカルキー作製
シエンタの鍵紛失によるメカニカルキー作製

費用・時間

シエンタの鍵orスマートキー紛失に掛かる費用は、鍵の種類・イモビライザーの有無・年式で大きく異なります。

●鍵挿しタイプ(イモビライザーなし)
費用:総額¥1万5千円~¥2万3千円+税
時間:約20分〜30分

●鍵挿しタイプ(イモビライザーあり)
費用:総額¥4万円~¥5万円+税
時間:約30分〜40分

●スマートキータイプ「平成28年式辺りまで|データの吸い上げ可能」
費用:総額¥5万円~¥6万円+税
時間:約30分~50分

●スマートキータイプ「平成29年式以降|データの吸い上げはできないがちょいバラしで登録」
費用:総額¥7万円~¥8万円+税
時間:約1時間

●スマートキータイプ「平成29年式以降|データの吸い上げができずECU交換が必要」
費用:総額¥13万円~¥15万円+税
時間:約3~4時間

※出張エリア・夜間早朝で費用に幅があるため、確定金額は電話にてお問い合わせ下さい。

クーポン使用で費用を更にお安く!

出張対応エリア

対応エリアはイモビライザーの有無で異なります。

○イモビライザーなしの場合
千葉県|茨城県|埼玉県の一部

○イモビライザーありの場合(スマートキー含む)
東京都|千葉県|茨城県|埼玉県|神奈川県|福島県|栃木県の一部

尚、今回と同じ平成29年式以降のシエンタだと対応している鍵屋さんがぐんと減るため、別途出張費+到着までの時間を頂戴できるのであれば遠方出張も対応させて頂きます。

新しい令和のシエンタも対応可能です(^^)

シエンタのスマートキー紛失登録に強い出張鍵屋
シエンタのスマートキー紛失登録に強い出張鍵屋

 

鍵屋KOロックに電話する➿まずは電話で無料お見積り➿